石笛コンサート 〜春の夜の宴(桑山美術館)

美しく桜に彩られた桑山美術館入口

見事な中庭を抜けて、多目的ホールでは名古屋の高級料亭『加瀬』の社長のおはからいにより、お弁当を頂きました。
横澤氏の言葉を借りますとこの小さな膳に一つの宇宙が存在する、見事なお料理でした。

少し曇りがちな空の下、予定限定数を大幅に越えて多くのお客様に来ていただきました。

ご来場のお客様を迎えるのは、桑山美術館秘蔵の素晴らしい作品たちと横澤氏に対する友情から素晴らしい料理を提供くださった『加瀬』の社長からの逸品料理。私も食させていただきましたが、上品な味の中にも個性を感じる素晴らしい料理・・・というより私には一つの作品(アート)を感じさせられました。

宴は午後6:00より篠笛からはじまり、石笛と続き、大感動の中幕を引きました。この日は横澤氏の粋な計らいで演奏後、1Fの素晴らしい庭園の中での野外演奏も披露していただきました。

皆様、夜の桜と月と横澤氏の奏でる演奏に包まれて、大満足していただけたことと思います。

Leave a comment

Your comment